鈴鹿青少年センター   サイトマップ   ホーム
 
ホームトピックス-活動情報-一覧>トピックス-活動情報-詳細

2018年01月27日 【活動ブログ】おもしろ自然科学教室 その1「骨ホネ講座」

最強寒波の到来で、とっても寒い日が続いていますが、みなさんのところは雪が積もりましたか?
センターでも、ここ数日、雪が降ったりやんだり、積もったり溶けたり、を繰り返しています。
インフルエンザも流行っているようなので、体調にも気をつけてくださいね!

さて、今日も雪が降ったりやんだりしていますが、センターでは小学5・6年生を対象にした「おもしろ自然科学教室」を開催しました。
全3回のこの講座、実験や観察、工作などをメインに、地元で活躍されている科学サークル大黒屋の先生方に来ていただいて、おもしろ楽しく自然科学の世界を学びます。

第1回目の本日は、赤嶺先生による「骨ホネ講座」でした。
骨から生物の生態に迫る、という内容の講座で、普段はなかなかお目にかかることの出来ないいろんな動物の骨(本物です!)を手にとってじっくり観察できる、珍しい講座です。
豚とイノシシの骨を比べてどこが違うのか探したり、人間とよく似たつくりのサルの全身の骨を並べたり、今となっては手に入れるのが難しいワニの頭骨(重い!)を持ってみたり…。
やっぱり、実物を見たり触ったりすると、教科書や図鑑で見るだけでは気づかないような発見があったり、より興味を持てたりしますね!
参加した子ども達も、目をキラキラさせながら話を聞いたり骨を触ったりしていました。(中には、少し恐る恐る…という子もいましたが。笑)
  
  
  
 
赤嶺先生、山家さん、どうもありがとうございました!

来週は、「プログラミングを学んで三色LEDでランタンを作る」です。お楽しみに!