鈴鹿青少年センター   サイトマップ   ホーム
 
ホームトピックス-活動情報-一覧>トピックス-活動情報-詳細

2018年08月11日 【活動ブログ】野外活動体験研修

8月もあっという間に1/3が終わってしまいましたが、みなさん、いかがお過ごしですか?
今年は三重県でインターハイが開催されていることもあり、センターも連日とっても賑やです♪

さて、そんな8月に入ってすぐの日曜日、8/5にセンターの主催事業「野外活動体験研修」を開催しました!
この事業は、アウトドアや野外活動の指導者や指導の補助をするボランティアや学生、また野外活動の指導に興味のある方々に向けた指導者用の研修会として開催しました。
野外炊飯とキャンプファイヤーをメインに、実際に体験しながら指導するときに注意しなくてはいけないことや、上手くスムーズに進行するコツなどを学びました。


炊飯メニューは、キャンプでよく作るカレーライス。
薪炊飯で一番重要な焚き付けや火加減のコツをセンター職員が指導しながら、じっくり体験しました。
その成果か、全班とっても上手にふっくらご飯&カレーが出来上がりました♪♪
片付けもしっかりした後は研修室に戻り意見交換や質問会をしました。

午後は、消防署の方に来ていただいて、救急法の講習を受けました。
いざという時のために、定期的に救急法の練習をするのは大事ですね!
センターの職員も参加者のみなさんに混ざって一緒に講習を受けました。



そして最後はキャンプファイヤー。
本来なら、日が沈んで暗くなってからですが、今回は研修ということで手元がよく見えるよう、まだ明るい時間から始めました。
機材のセッティングのコツや薪組み、トーチの扱い方なども実際に体験。
キャンプファイヤーをしたことがない人も結構多かったので、最初はあまりイメージがつかめないようでしたが、実際に体験してみて「なるほど~」「確かにココは気を付けないと危ないなぁ」と納得の様子。

何でもそうですが、やっぱり自分たちで実際にやってみて初めて分かることはたくさんあるものです。
実際にやってみないと分からない。
野外活動は危険と隣り合わせなので、楽しく安全に行うには、こういった事前の研修やリハーサル、下準備がとっても大切です。
まだまだ野外活動が楽しいシーズンが続きますが、野外活動の予定がある皆さん、安全に楽しく活動できるよう、しっかり下準備をしてくださいね!