③スポーツ少年団指導者資格とスポーツ少年団指導者登録について

~2019年度にスポーツ少年団認定育成院・認定員資格を保有していた方へ~

→認定育成院・認定員資格は2019年度の養成を以って終了しました。
指導者制度改定により認定育成員・認定員の資格の位置付け・管理方法が変わりました。
それに伴い、スポーツ少年団の指導者として登録するには

①登録する年の4月1日現在満18歳以上であること
②日本スポーツ協会(JSPO)公認指導者資格保有者であること
③『スポーツ少年団の理念を学んだ指導者※』であること(※各単位団につき2名以上必要)

が必要となりました。

今後もスポーツ少年団の指導者としてご登録いただくには、現在保有している資格によってそれぞれ異なる
資格の取得、移行や更新が必要です。

保有資格別手続き方法

 

認定育成員

既に保有しているJSPO公認指導者資格が有効な限り、『スポーツ少年団の理念を学んだ指導者』として登録いただけます。

 

認定員

認定員資格取得時に同時に取得しているスポーツリーダー資格をコーチングアシスタント資格へ移行していただくと『スポーツ少年団の理念を学んだ指導者』として登録いただけます。移行手続きの際、指導者マイページを開設していただく必要があります。
指導者マイページ開設方法&JSPO公認コーチングアシスタントへの移行方法

 

認定員+JSPO公認指導者資格

既にお持ちのJSPO公認指導者資格が有効な限り、『スポーツ少年団の理念を学んだ指導者』として登録いただけます。

 

JSPO公認指導者資格のみ

スタートコーチ養成講習会を受講(講習会の一部受講免除可能)いただくと『スポーツ少年団の理念を学んだ指導者』として登録いただけます。受講いただかない場合は『指導者(スポーツ少年団の理念を学んでいない)』としての登録となります。
スタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会について

 

指導者資格を持っていない方

JSPO公認スタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会を受講し、取得すると『スポーツ少年団の理念を学んだ指導者』として登録いただけます。
スタートコーチ(スポーツ少年団)養成講習会について